渋谷区桜丘町で整体・鍼灸院お探しなら、一度ご相談ください。夜20時まで診療。

原因不明の皮膚炎について、鍼灸ではどのように対処するのか。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

魂門、陽綱、意舎

背中に皮膚炎が広がっている。

※患者さん(以下Aさん)の了承を得て、写真を掲載しています。 Aさんは、突然母の看病で2ヶ月ほど前からバタバタした日々を過ごしていて、仕事と母の看病を両立していました。

すると最近になって背中と首が突然痒くなって何を塗っても全然効かないとおっしゃっていました。

そこで、私たち伝統医学の出番です。

なかなか良くならない場合は、他に何か違う原因があることが多いんです。 背中、首を診せて頂き、その位置を確認すると。    

大椎を中心に熱で皮膚が炎症しています。

大椎を中心に熱による影響で皮膚炎を発症

  肝火上炎して、手足の三陽と督脈の交会穴でもある大椎付近にさらに皮膚炎が発症していた。  

原因不明と現代医学では思われることも東洋医学ではしっかりと原因があります。  

肝を叩きながら、清熱をしっかりとおこなっていくとキレイになると思われます。  

ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com/

Author Profile

福本晋平
福本晋平ふくもと治療院院長
【鍼灸師】母の病をきっかけに治療家として伝統医学の道を志す。 最高の鍼灸を追求しようと日本各地、中国、韓国に渡る。 5年間の住込み修業を経て、姿勢・歪み治療専門の鍼灸整体院を渋谷に開院。 全国、海外から訪れる方の治療に従事 逆子など妊婦さんの治療も行う。 「歪みを改善に導くことで自然治癒力を最大限引き出す」
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ トップへ戻る