渋谷区桜丘町で整体・鍼灸院お探しなら、一度ご相談ください。夜20時まで診療。

ネット予約する

頭痛は2タイプあり!側頭部(こめかみ付近)の頭痛について。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋医学的頭痛のみかた

東洋医学的な頭痛の診かた。

 

こんにちは。

今回は頭痛についてです。

 

頭痛と言っても様々な頭痛があります。

東洋医学では8パターンくらいの頭痛に分けています。

 

大きく別けると2パターンで、

【外感】によるものか【内傷】によるものです。

 

【外感】とは外からの影響で頭痛が発生するもの。(外的な要因クーラーで冷えたなど)

急性で風寒、風熱、風湿によって発生。

 

【内傷】とは、慢性的で経過が長く、断続的な頭痛が発生。(来院される方は圧倒的に内傷です)

 

今回は、特に昨今多く見られる【内傷】の肝陽上亢の頭痛について詳しく書きます。

肝陽上亢とは、肝臓の陽気が過剰に興奮することで起こるものを言います。

 

内傷の頭痛で情緒抑うつ(仕事・家庭でのストレス)怒りなどで肝火上炎し、肝陰虚のために肝陽が上亢し、めまいと頭痛が生じ、怒りによって増強します。日によって変動があるなどが特徴です。

 

頭頂部、また両側頭部が痛くなり、耳鳴りや胸脇痛も発生することもあります。また、口が乾いたり、顔が赤ら顔になってほってたり、イライラ、怒りっぽい、不眠も見られます。

 

肝火上亢タイプの頭痛の症状をおさらいすると

 

 

頭痛、目の充血、口の乾き、口苦、尿が濃い、便秘、頭痛の鈍痛が持続、腰や膝のダルさ、寝汗、不眠などが挙げられます。

 

上記の頭痛症状に当てはまる方は、

秋から冬にかけては陽気が下降して体内に治りやすい時期です。

それでも、頭痛症状がでる場合は、寝不足やストレスによる気逆が考えられます。

 

生活習慣やストレスの改善が望めない方は、渋谷にある鍼灸院ふくもと治療院にご連絡ください!

 

 ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

https://fukumoto-physio-tokyo.com

 
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ トップへ戻る

▲ トップへ戻る