渋谷区桜丘町で整体・鍼灸院お探しなら、一度ご相談ください。夜20時まで診療。

ネット予約する

浮腫み解消には、適度な運動と食事がポイント!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

浮腫み解消

浮腫みの解消法には秘訣がある!

 

こんにちは。

お天気が安定しないので、体調を崩している方多いですね。台風も次々とくるので、湿気でなんとなく体が重だるくすっきりしません。

日本は元々湿気の多い国なので、湿気には気をつけたいものです。

 

湿気で身体に出やすい症状といえば、浮腫みです。

浮腫みは、デスクワークをされている女性を中心に多く訴える症状の一つです。

 

浮腫みがある人の多くは肩こり、首こり、頭痛、生理痛、PMS、胃もたれ、胃痛、食欲不振なども同時に訴えルことが多くあります。

 

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、

送られてきた血液を心臓に返すために筋ポンプ作用があります。

 

ふくらはぎを刺激することでこの筋ポンプ作用が発動します。

ふくらはぎの筋肉が血液を心臓に送り返すお手伝いをしてくれているのです。

 

浮腫む原因として2つ挙げられます。

1.デスクワークや運動不足の人はふくらはぎの筋ポンプ作用が低下している

2.長時間座っていることで股関節が圧迫されている

 

簡単にいうと体内で循環不全が起きています。血液やリンパなどの循環不全です。

 

体を緩めたり、適切な治療を施すと循環不全が解消するので、治療後に「靴が履きやすい!」「靴下跡が無くなった!」など浮腫み改善の効果が見られます。

 

浮腫み解消には、適切な治療と運動でふくらはぎを使うということがとても大切です。

 

 

次に、浮腫みをとるのに有効な食事について書きたいと思います。

 

・きゅうり、スイカ、トマトなど、夏野菜には利尿効果があります。(しかし食べ過ぎると体が冷えてしまうので注意してください。)

・豆類、トウモロコシなども利尿効果あり。

・また、昔から利尿剤として使用されていたというゴボウは、腎臓の働きをよくする効果があり、利尿作用だけでなく、老廃物の排泄、発汗作用もあります。

・生姜、ゆず、しそ、ねぎ、唐辛子、ニンニクなどの食材も、胃腸の働きをよくして、体内にたまった余分な水分の排出を助けます。(生姜や唐辛子など発汗を促す作用があるものは特におすすめです。)

 

今の時期はこれらの食材に、火を通し温かい状態に調理し召し上がるとより良いです。

 

浮腫み解消に、適度な運動と効果的な食事を心掛けましょう!

 

ふくもと治療院では、各々に合った運動や食事の指導もしております。

浮腫みでお悩みの方は、一度ご連絡ください!

 

 ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

https://fukumoto-physio-tokyo.com

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ トップへ戻る

▲ トップへ戻る