渋谷区桜丘町で整体・鍼灸院お探しなら、一度ご相談ください。夜20時まで診療。

ネット予約する

疲れが取れない。小児慢性疲労症候群と成人の慢性疲労症候群 真の原因とは

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

BEFOREAFTER-2015518134415現代の医学では、慢性疲労症候群とは長期間の疲労感とともに微熱、咽頭痛、リンパ節の腫脹、睡眠障害などの症状が出て、原因不明の疾患として認識されているようです。

原因不明のため、病院での検査では何も異常がない。病名はついたが、何も改善されない。と訴えて来院されます。

疲労症候群は、肝臓の疲労といっても過言ではありません。人によって様々ですが、多くの人が右肩が下がっている傾向にあるようです。右には最大の臓器の肝臓があるため、肝臓をかばう姿勢が右肩が下がっている姿勢なのです。

肝臓の疲労というとお酒をイメージする方もいると思いますが、肝臓はストレスに一番反応します。

大人も子どもも同じです。

お子さまが長期間疲労感を訴えている場合はよく観察してあげて下さい。背中も硬く、緊張しているケースが多く、お腹も硬くなっています。

私たちの伝統医学の立場ではこのような慢性疲労症候群の症状に対しての鍼灸治療が非常に効果をあげていると感じています。

このような慢性疲労感や倦怠感などは身体が発しているサインです。早急に対処することが大きな病を未然に防ぐことにも繋がります。

ふくもと治療院 東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体治療院ベビーマッサージ教室 東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 0364161819

Author Profile

福本晋平
福本晋平[東京都渋谷区渋谷駅の鍼灸整体院]ふくもと治療院院長
【鍼灸師】母の病をきっかけに治療家として鍼灸医学自然療法の道を志す。
最高の鍼灸を追求しようと日本各地、中国、韓国に渡る。
5年間の住込み修業を経て、姿勢・歪み治療専門の鍼灸整体院を渋谷桜丘町南平台そばに開院。
全国、海外から訪れる方の鍼灸治療に従事 不妊症、逆子など妊婦さんの鍼灸治療も行う。
「身体の癖・歪みを改善に導くことで自然治癒力を最大限引き出す」
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ トップへ戻る

▲ トップへ戻る