渋谷区桜丘町で整体・鍼灸院お探しなら、一度ご相談ください。夜20時まで診療。

ネット予約する

火傷やキズなどで覚えておくと便利!湿潤療法とは?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

先日義母が油を右の太ももにこぼし大やけどを負いました。

夏井先生の湿潤療法を思い出し、実践。今日は湿潤療法のご紹介。

その翌日

義母は夏井先生のクリニックに足を運びました。先生は、現在ご自身のクリニックを開院しているようです。キズや火傷で困った場合は是非夏井先生のクリニックに。

ちなみに私が自宅でした処置は、夏井先生からは完璧と言われたようです。先生の映像など見させて頂いたので、インターネットに感謝です。

油の火傷の場合の対処法

服は来たまま水で冷やす。15分くらい。その後ゆっくりと服を脱ぎ、湿潤療法の準備を。

自宅だと、ワセリン、サランラップを用意する。

※手指消毒を忘れずに。石鹸でよく水洗いするでも可。手指消毒薬があればなお良い。

以下手順。

1.やけどやキズの箇所に合わせてワセリンをサランラップに塗る。

2.やけどやキズの箇所にぐるぐる巻きにする。

3.翌日水疱が出来たらつぶす。潰したあとの火傷している皮はできるだけキレイにはがす。

1.2.の作業を繰り返す。

以上。

湿潤療法

湿潤療法実践中

ただし、今回火傷がひどかっため、細菌感染症を発生する危険性があるため抗生剤を処方されたようです。

水疱の中から浸出液が出てくるのですが、ありすぎると細菌の餌になって感染症の起こすようです。浸出液によって皮膚も再生促進されるのですが、ありすぎた場合はNGなのです。なので、水疱は潰して中から出て浸出液は拭き取る!

火傷で一番怖いのは敗血症です。細菌感染症です。細菌なので抗生剤が効きます。

火傷の後に悪寒、発熱したら即刻病院へ!!これだけは覚えておいたほうが良いです。

今回義理の母の火傷は、病院によっては皮膚移植などもすすめられるほどの火傷だったようですが、湿潤療法で大丈夫とのことでした。

すごく良心的な先生で、

一ヶ月くらいで大丈夫だと思うけど、次いつくる?来ない人もいるしお任せするよーとおっしゃってくれたようです。

先生も写真を撮っていたようです。

湿潤療法で必要なことは

火傷や擦り傷では消毒しない。乾さない。

以下湿潤療法が紹介されている動画です。

湿潤療法が紹介されている動画はこちらをクリック

夏井睦(なついまこと)先生のクリニックのURL

なついキズとやけどのクリニック

夏井先生の考案された湿潤療法も、自然治癒力を最大限に発動させるということです。

ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com/

Author Profile

福本晋平
福本晋平ふくもと治療院院長
【鍼灸師】母の病をきっかけに治療家として伝統医学の道を志す。 最高の鍼灸を追求しようと日本各地、中国、韓国に渡る。 5年間の住込み修業を経て、姿勢・歪み治療専門の鍼灸整体院を渋谷に開院。 全国、海外から訪れる方の治療に従事 逆子など妊婦さんの治療も行う。 「歪みを改善に導くことで自然治癒力を最大限引き出す」
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ トップへ戻る