渋谷区桜丘町で整体・鍼灸院お探しなら、一度ご相談ください。夜20時まで診療。

ネット予約する

多のう胞性卵巣症候群と診断された方の不妊鍼灸症例

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊鍼灸

渋谷にある鍼灸整体ふくもと治療院からみる【多のう胞性卵巣症候群】と診断を受けた方の不妊鍼灸妊娠症例

 

不妊治療中の患者さんで、【多のう胞性卵巣症候群】と診断を受けて病院で治療を受けているという方が多くいらっしゃいます。

 

【多のう胞性卵巣症候群】とは、

卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。

超音波で卵巣を見ると、10㎜くらいの同じような大きさの卵胞がたくさん出来て卵巣の外側に一列に並び、なかなかそれ以上大きくならないことが特徴で、ネックレスサインと呼ばれています。

 

上記のように取り組むもなかなか結果が出ずに、鍼灸治療に望みをかけて来院される方もいらっしゃいます。

 

先日のお話ですが、4ヶ月前から通院されている方から電話がありました。

 

「先生、陽性反応が出ました。」

 

この方はご自身でも妊活に数年間取り組み、一年前から病院に通い、多のう胞性卵巣症候群(PCOS)と診断され、タイミング療法やAIHなど治療に取り組むものの結果が出ず、当院へお越しになりました。

 

「自然に授かりたい。ふくもと治療院に一年通院しながら自然に取り組みます。」と力強くおっしゃっていました。

 

このように多のう胞性卵巣症候群と診断を受けた方も、鍼灸治療を継続していくとご自身でしっかり排卵できるようになっていきているからこそ、自然妊娠される方が多いのだと思います。

 

当院では生活習慣など、食事から心構えまで、丁寧に一人一人と向き合って施術していきます。

【多のう胞性卵巣症候群】と診断を受けて、お困りの方はぜひ一度ご連絡ください。

 

 

ふくもと治療院での施術はどんなものなのかを患者さんの声からお伝えしたいと思います。

 

 

今日は前回初めて来られた患者さんが2回目の施術日でした。

 

「前回しんどくなったりしましたか?」

 

「先生ソファーの上で眠ってしまって、しかもカラダは軽くて気持ち良くて。主人に起こされたんだけどそのまま起きずにぐーすり眠ってしまいました。起きた時はすごくスッキリ。不思議な感覚でした」とのことでした。

 

私もこの方の感想は非常に共感します。

なぜなら自身も稽古(手技などの研修会で)お互い技術の練習をしあうと、同じように受けてしばらく経過すると。まったり、頭の奥がゆるんで眠くなる感じがするのです。

あれが心地よくて私も大好きです。

 

なぜこのような反応になるかというと。

 

普段カラダはストレスを受け、脳、身体が過緊張状態になります。

 

それを鍼灸・整体で施術し、身体をゆるめると脳はその刺激を認識し、全身がリラックスした状態に変化します。

 

よって普段緊張がキツすぎると反動で一気にゆるむのです。

特に初回はそれが顕著に出やすいです。

 

ストレスによって緊張状態が抜けない方、今まで鍼を受けたことがなく不安な方も安心してご相談ください。

 

 

 

【東京渋谷区渋谷駅の鍼灸整体ふくもと治療院】

 ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

二人目不妊で悩んでいる方の不妊鍼灸症例

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

二人目不妊

二人目不妊の方の共通点と食養生

妊娠中や産後に、

・髪や眉毛、まつ毛が抜けた

・白髪が増えた

・腰、膝に痛みを感じる

・虫歯になった

・シミが増えた

・尿もれが起きるようになった

・クマがなかなか取れない

 

などの症状を経験している方、多いと思います。

 

これらは老化現象のようですが、

漢方的にみると「腎虚」に当てはまります。

 

「腎虚」とは簡単にいうとエネルギー不足の状態です。

 

子どもを育み、出産すると、ママのエネルギーを子どもにあげてしまうので、「腎虚」の症状が出やすくなります。

 

そして、二人目不妊で治療院にいらっしゃっている方のほとんどが上記の症状を感じています。

 

二人目不妊の治療で大切なのが、妊娠、出産で消耗してしまった腎のエネルギーを回復させることです!

 

ひとりめの妊娠がスムーズだった場合、二人目で不妊になるなんて思いもよらないというご夫婦が多いかもしれません。しかし、一度出産を経験しているからこそ起きるトラブルをしっかり意識したいですね。

 

 

「腎虚」を回復させる食事についてお伝えします。

 

一般に漢方的な食養生では、

腎臓を強くする食べ物として次のようなものを推奨しています。

 

黒いもの、ねばるもの、クルミ、黒ごま、黒豆、黒きくらげ、ひじき、山芋、ナマコ、なめこ、オクラ、そら豆、木の実、古代米

などの食品です。

 

逆に、糖質の過剰摂取は、『腎』を弱くします。

 

二人目不妊で悩まれている方、不妊治療中の方、上記の症状がひとつでも当てはまった方にも有効な食品なので、意識して食事にとり入れてみて下さい!

 

 

 

不妊鍼灸治療の症例

 

「先生陽性出ました」

 

目頭をあつくしながら報告してくれました、これまでの道のりがようやく実ったという思いがこみあげている様子でした。

 

今回報告頂いた患者さんは30代後半 

 

5歳のお子さんがいて、二人目不妊で悩むこと2年間、知人のご紹介でふくもと治療院にいらっしゃいました。

一人目を出産してから、抜け毛と白髪、そして腰痛の症状が出ていました。

 

「体質改善し、妊娠したい、でも最も今辛い症状は腰痛です」

 

施術を続けていくと、

腰の痛みをペインスケールで最初を10とすると、

6→4→2→1 と減っていき、腰痛はほとんど感じないレベルに。

 

ふくもと治療院での施術開始から4ヶ月目で自然妊娠で陽性反応が出ました。

 

私自身この瞬間も非常に嬉しいのですが、出産まではやはり気が抜けません。

 

陽性反応が出た後も、胎嚢確認、心拍、安定期と言われる16週、そして出産、産後ケア。

とその方のカラダのことを考えるので、

先手先手で何をすべきか、何が必要かを見定めながら今後も施術して行きます。

 

働きながら又は育児をしながら出産される人がほとんどなので、妊娠中のトラブルが出ないようなカラダに整えていくということが必要になります。

 

人のカラダは正しく刺激を送るとしっかり反応してくれる。

自身の経験でもはっきり言えます。

 

今後も不妊や二人目不妊、不育症に悩む方を鍼灸と整体でサポートしていきます。

不妊症・不育症でお困りの方はご相談下さい。

 

 

 

 

  東京渋谷にある鍼灸整体治療院

 ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊鍼灸治療において、東京渋谷の鍼灸院ふくもと治療院が大切にしていること!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療での                                                                                                                                                                                                                                                                      

不妊鍼灸治療での注意点

不妊鍼灸治療でふくもと治療院が大切にしていること

 

東京渋谷の鍼灸院、ふくもと治療院には「妊活を始めたいと思って来ました。」という人が以前よりも増えてきた気がします。嬉しいですね。おすすめは東京エリアの不妊クリニックに通う前にまず体を整える。

 

ただ、、これから挙げる項目で当てはまる人は以下の3つのことをまず気をつけてください。

・生理が順調にある。

・排卵している。

・35歳以下。

・病院に行っても異常なし。

 

上記の項目で当てはまる方、妊活を始める時に気をつけたい3つのことをお伝えします。

 

これまで妊娠したいと思っている数百人以上にカウンセリングしてきた中で気づいたことをストレートにお届けします。包み隠さず行きますよーー!

 

①すぐ妊娠したいからってあわてない

SNSの時代で人の生活が目に付く今日この頃。気づかないうちに不妊治療の情報に疲労しています。一度スマホを使わない週末を過ごしてみてください。あわてて病院に行って相談すると早く妊娠したいと医師は考えるので、先生にもよりますが、体外受精を勧められると思います。過去に患者さんで26歳で体外受精を一度やり、疑問に思い当院に来院し、半年以内で自然妊娠で授かったケースもあります。

 

毎月できた?できないはもうやめましょう。できる→授かる

「今月もタイミング取ったのに妊娠できなかったなー。」できるできないと言っているとどんどん気持ちが辛くなってくる。それを授かる授からない。と言い換えるとどうでしょうか。

「子どもはー?」とひょんな会話から親族や友人に聞かれたりした時に。「まだできないんだよね。」というのと。「授かりものだからねー。」の方が優しい気持ちになるのでは。。ちょっとしたことですが、不妊治療をする上で積み重ねで気づかないうちに気持ちが辛くなってくるのものです。

 

できるできないだと毎月生理がこわくなったり、嫌になったりしてしまいます。夫婦のどっちが悪いなどと思ったりも。実際にそのように落ち込んでいる方も大勢みてきました。

 

東京都渋谷の鍼灸治療院、ふくもと治療院を来院されてカウンセリグをして心と身体が変化していくと、「先生、授かりました。」と自然妊娠の嬉しいご報告を昨年度は全体の70%いただいたので、本当に嬉しかったです。

 

※機を待つべしは、年齢と身体の状態で変わってくるので鵜呑みにするのは厳禁です。東洋医学的見解から問題がある人も多いです。その点は施術させて頂く必要があります。

 

③現在飲んでいる薬を調べ副作用もチェックすべし

もしも、ピルを飲んで生理を起こしていたりする場合は薬の副作用で内膜が薄くなったりしてしまいます。悩んでいる方も非常に多いのが現状です。作用、副作用を理解して取り組んでいきましょう。ピルなど、ホルモン剤を飲んでいると身体はサボってしまうので、自分の力を取り戻すまでに時間がかかります。お悩みの方は早めにご相談ください。

 

まずは主治医にも相談してみて下さい。病院でも原因不明で不妊症に悩んでいる場合は一度自然的に身体に優しい不妊鍼灸の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

 

そして、ふくもと治療院が不妊鍼灸治療で一番大切だと思うこと。

 

それは「ご夫婦の想い」です。施術技術はもちろん大切ですが。その前段階のお話です。

 

相手の悩みや不安をお伺いすること。どんなことを思っているか。ご夫婦で同じ方向を向いているか。不妊治療に取り組む方々とお話して見えてきたのが、ご夫婦で方向性が違うと精神的なダメージも大きいです。

 

東京渋谷の鍼灸治療院、ふくもと治療院が一番大切にしていることは、

 

「患者さんの立場にたって考えること。ご夫婦の想いを大事にすること。」

 

これがいいあれがいい、と自分の想いを伝えるのは私は違うなーと最近つくづく実感します。

 

相手には相手の考えがあり、状況がある。不妊鍼灸治療に取り組んでいこうと思ったこと。

その気持ちを大事にしたいと思っています。

 

頑張らなくていいんだよ。もっと気楽に不妊治療に取り組んでいいんだよ。真面目な人ほど自分を追い込んでしまいがちです。一人一人顔が違うように体質も異なる。違っていいんだよということを皆さんに理解してもらえたら、不妊治療に取り組んでいる方のブログを読んで一喜一憂してしまったり。人間だからあるでしょう。

 

ストレスから解放されると不妊鍼灸治療の施術の効果も倍増します。

体内の血流が良くなり、健康的になってきます。

するといつの日か夢見ていた光景が見えてきます。

 

私はそんなご夫婦を数多くみてきました。

 

今後も一人一人に寄り添っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

【渋谷区渋谷駅の鍼灸整体ふくもと治療院】

 ふくもと治療院

東京渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

鍼灸と自然妊娠について。当院の自然妊娠実績データで考察してみる。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次【本記事の内容】

鍼灸と自然妊娠

【鍼灸と自然妊娠について】

自然妊娠とは医学的治療を受けずに夫婦生活のみで妊娠することを言います。よって、自然妊娠は、避妊をせず、夫婦生活をしていて自然に子どもを授かることを定義しています。自己流で排卵日のタイミングを取ることも自然妊娠です。そこで、今回は鍼灸と自然妊娠をテーマにあげて書きたいと思います。

まず、妊活中の方が鍼灸治療に求めていることは妊娠することではないでしょうか。不妊鍼灸治療を求めてくる方には、3パターンあると思います。

1つ目は、高度生殖医療(体外受精、顕微授精、凍結胚移植)に取り組む方。体外受精などに既に取り組んでいて陽性反応がでない場合、鍼灸治療を受けて卵子の質をあげたり、体質を改善し、妊娠、出産を目指す方です。

2つ目は、医療機関にはかかってはいるのだけどステップアップをするか悩んでいる方。何か他に自然妊娠の方法はないかと検討している方です。

3つ目は、病院にはまだ行っていないのだけど自然妊娠したい方。不妊鍼灸治療で自然妊娠したい方です。

今回は2つ目&3つ目の鍼灸で自然妊娠したい方にフォーカスしたいと思います。自然に子どもを授かりたい方はどのような経過をたどってきたのでしょうか。今回は、鍼灸と自然妊娠を考えていきます。

 

 

【鍼灸治療で自然妊娠する人はいるのか。また全ての妊娠数の中の自然妊娠の割合は?】

鍼灸と自然妊娠の相性は良いと思います。鍼灸治療を経て自然妊娠される方はいます。事実当院では昨年度2018年は全体の妊娠数の66%が自然妊娠という結果でした。ちなみに2017年が28%が自然妊娠です。自然に授かった方28%を分析すると鍼灸治療期間の6ヶ月くらいで妊娠されていました。その為に2018年は2017年の妊娠数の内訳の実績をお伝えしました。2018年は、身体を改善しながら試してみようと思って取り組んだ方の結果です。自然妊娠した最高齢は38歳でした。ちなみに自然妊娠された平均年齢は31.1歳。30歳±5歳くらいの方です。

※やはり注意しなければいけないのは、その方の置かれた状況をしっかり把握することです。これは絶対に大事です。特に年齢、生理状況、不妊治療歴などを把握することです。鍼灸はやはり自然に近いナチュラルな施術で副作用もほとんどないので、その方の自然治癒力やカラダのポテンシャルを最大限発揮してくれます。

 

 

【鍼灸治療を受ける前の自然妊娠(妊活)の取り組み状況(何ヶ月取り組んできたか)と来院後の妊娠までの平均期間】

鍼灸治療を受ける前に取り組んできた妊活平均期間は自然妊娠された方を分析すると来院前の妊活平均期間は11.6ヶ月でした。それが来院後妊娠までは5.1ヶ月でした。鍼灸で自然妊娠された方の通院中の状況ですが、3ヶ月後のステップアップを目指し、体質を改善しようと鍼灸治療している間に授かった方、半年間はまずは自然妊娠したいと取り組んでいた方、体外受精を来月から始めようとしていた方などです。多くは体質を改善しようとしていた時に授かっている傾向がありました。

 

 

【鍼灸治療で自然妊娠はなぜするのか】

鍼灸治療で緊張から身体が解放されます。緊張から解放されるとカラダの血流が改善され、体質が変化してきます。手足が以前よりもポカポカになってきた、首肩こりが楽になった。鍼灸で身体をケアしていくと身体も軽くなったり楽になるので、心まで穏やかになり、笑顔が増えます。

赤ちゃんは笑顔が多いママのところにやってきます。皆さんも眉間にシワを寄せた方に近づきたくないのと似ているかもしれません。しかしながら不妊治療に取り組む方は強いストレスにさらされています。妊活中の方は赤ちゃんができないできないと自分で自分を追い込んでしまっている方もいます。不妊症は、なかなか周りに相談できずに一人で悩まれている方も多いです。質の良い情報提供やセルフケア方法をお伝えできるのも鍼灸治療ならではだと思います。当院の鍼灸で授かった方の口コミを見ると話をじっくり聞いてくれたと書いていらっしゃる方が多いです。心に寄り添いながら施術に当たることが大切ですね。医療機関の情報など患者さんの生の声も自然と集まります。

 

 

【鍼灸で自然妊娠しやすいカラダにするために】

一人一人、顔、骨格、性格が違うように同じカラダの人はいません。よって丁寧に観察し、仮説をたて、施術し、検証していくことが必要不可欠です。この繰り返しで身体が徐々に変化していきます。

 

自己流で体質改善をはかり、ネットから情報を得て、体質と合わないことをやっている方がいらっしゃいます。冷やしてはいけないのにスムージーをやたらと飲んでいたり、また温め過ぎたりしてしまっている人もいます。バランスが非常に大切なので、日常のセルフケアなど、実践的なアドバイスもさせて頂けたらと思います。

 

身体に合ったことをコツコツ実践していくことが一番の近道です。急がば回れ。と昔から言いますが、最短距離ですぐにということよりもじっくり、確実に変化していくことが妊活では大切です。しかし、年齢とともに妊娠率が低下するのでなるべく最短で良くすることを毎日考えて輪唱しています。

 

【鍼灸で自然妊娠を望む全ての人へ】

鍼灸は約1500年もの間、日本でも継承され現代に至っています。最古の医学書の医心方を書いたのは鍼博士の丹波康頼先生です。鍼灸家・漢方家は幕府、大名、に長年仕えて参りました。日本国内では鍼灸の真髄は、残念ながらまだまだ知られていません。中国、韓国では6年生の医学部として鍼灸が存在しています。まだ挑戦したことのない方は、是非とも伝統医学の鍼灸を受けてみてください。そして体感してください。受けた人のみがその効果を知ることができると思います。

最近は、NHKが特集を組んだり、試してガッテン!で取り上げています。WHO世界保健機関でも疾病分類に入り、伝統医学として認められるまでにきました。徐々に鍼は認知されつつあると思います。まだ鍼灸に挑戦していなくて悩んでいる方は、諦めるのはまだ早いです。まだまだできることがたくさんあります。ぜひチャレンジして下さい。

 

 

【鍼灸と自然妊娠を考察】

不妊症に悩む方は30代から増加、自然に妊娠する確率が減っています。医学的データでもその点は明らかとなっています。よって妊娠したいなーと思った頃から身体を整えておいて備えておくことは何よりも大切です。病院に通院してい方も多いですが、身体に対して服薬以外で直接施術している人は少ないです。他の鍼灸院からの転院もありましたが、圧倒的に鍼灸治療が初めての方が多いです。

 

当院では自然妊娠が激増した昨年、鍼灸のチカラを患者さんたちも実感してくれました。私も驚かされた一人です。まさか66%も自然妊娠すると思ってもいませんでした。38歳も複数人いたのでご本人たちも唖然としていました。中には初診時に来月から体外受精に切り替えると言っていた方達も含まれていました。人体の未知なるチカラの可能性を感じざるを得ないです。しかしながら現実的な状況を読みながら着実に身体を変化させていきます。

 

鍼灸治療で妊娠しやすい身体作りを提供することが何よりも大切です。妊娠しやすい身体作りは、自然妊娠にしても、体外受精・人工授精にとってもお役に立てると思っています。こうしてブログを書いている間にも自然妊娠、体外受精で初めての陽性反応が出たと喜んで頂いています。当院とご縁があった方と全力で向き合って、これからも一人一人に喜ばれる渋谷にある鍼灸治療院を目指していきます。東京・渋谷という都会にありながらも、どこか昔懐かしい暖かい雰囲気でお待ちています。

 

※効果には個人差があります。鍼灸院はしっかり選ぶようにして下さい。鍼灸治療は、残念ながら鍼灸師によってかなりの技術差がございます。同じ鍼灸でもその効果に差が出ます。さらには、妊活されている方の施術で一番注意しなければいけないのは、その方の置かれた状況、情報を正しく把握することです。これは絶対に大事です。当院では特に年齢、生理状況、不妊治療歴などは最重要確認項目です。治療歴などを考慮して丁寧に話し合いながら施術を進めていきます。

 

いつかこのブログが誰かの役に立ちますように。

 

ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ トップへ戻る

▲ トップへ戻る