渋谷区桜丘町で整体・鍼灸院お探しなら、一度ご相談ください。夜20時まで診療。

ネット予約する

渋谷にある鍼灸整体ふくもと治療院【産後の骨盤矯正の重要性】

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

産後の骨盤矯正は、女性の一生を左右します。

 

産後の身体の調整は女性にとって、大変有意義なことは何となく分かっている人が多いと思います。

 

産後の身体には鍼灸整体が最適です。

しかしながら、適切な治療をしないと全く効果がありません。

 

渋谷の鍼灸整体、ふくもと治療院にも産後ケアで来院される方が多くいます。

 

その悩みは、

産後の腰痛、産後うつ、産後の腱鞘炎、産後の肩こり、産後の首こり、産後のストレス、産後の抜け毛、産後の肌荒れ、産後の骨盤矯正、母乳の出が悪い、産後体重が戻らない、産後体形が元に戻らないなどと多岐にわたります。

 

これらの原因の多くは骨盤にあります!

 

多くの女性は、産後骨盤が開きっぱなしになってしまったり、骨盤に左右差が出てしまいます。

「以前入っていたズボンが入らなくなった!」は、これが原因です。

 

渋谷の鍼灸整体ふくもと治療院では、

患者さんから、「治療受けていたら今まで履けなかったスボンが入るようになった。」とお喜びの声を沢山頂いています。

 

骨盤矯正をしっかりしていくと産後出ていた様々な症状が改善していきます。

 

産前・産後をいかに過ごすかで生涯の健康寿命が決まると言っても過言ではありません!

 

産後ケアを考えている方はぜひ一度ご相談下さい。

 

 

産後の起き上がり方についてご質問があったので、詳しく書きたいと思います。

 

この起き上がり方は、野口整体をベースにしたやり方で、私も3回の出産の3回とも行いました。

 

●用意するものは、水銀計の体温計2本。

 

産後8時間後に一回目の検温。両脇を一緒に検温します。

この時体温が0.1度差なら体温が揃ったとして一回と数えます。

バラバラなら0回です。

また8時間後に検温します。揃ったら一回と。

この要領で合計三回両脇の体温が揃ったら、15分正座します。

翌日からは普通の生活に戻って、完了です。

 

個人差はありますが、三回揃うのに大体2日から4日くらいです。

 

座ると骨盤に力がかかるのでだめです。

ゆっくり寝がえりしたり、食事の時多少上体を起こすくらいは良いです。

授乳も横になりながらします。トイレも可能であれば、車椅子かハイハイで行って下さい。

 

長く書きましたが、、、

体温測定は目安と思って下さい。

仰向けで脱力して腰や足の左右差を感じることが最も大事です!

左右差が大きいと動きたくないし、動くとゆがみが大きくなります。

この危険を避けるのが目的です。 

 

また、暗くして目を休めると、骨盤の自然の回復を促進します。

スマホの見過ぎ、コンタクトレンズは厳禁です。

 

産後の入院中は、ママと赤ちゃんの二人だけの大切な時間です♡

余計なことはなるべくせず、ゆっくり過ごして下さいね。

 

 

 

 

 東京渋谷にある鍼灸整体治療院

 ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹が張りやすい妊婦さんの特徴。渋谷鍼灸院ふくもと治療院での症例報告。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹が張りやすい妊婦さんの特徴

妊婦さんのお腹の張りについて

妊婦さんでお腹が張りやすい方の特徴!

 

当院では出産に向けた治療・産後の回復のための施術も行っております。

 

今回は、妊娠中のお腹の張りについてです。

 

最近は出産直前まで働く女性が増えています。

その為、仕事のストレスや外的要因が多分にかかっているので、お腹の張りを訴える方も非常に多いです。

 

お腹の張りやすい人の4つの特徴とは?

 

1.目をよく使う人

2.緊張しやすい人

3.デスクワーカー

4.冷えやすい人

 

などが挙げられます。

 

妊娠中のお腹は、柔らかいほうが良いとされています。

お腹が硬いと逆子や切迫早産の危険性もあるので、お腹は緩めておくことが大切です。

 

当院ではお腹をゆるめる施術も行っています。

施術すると妊婦さんが、先生赤ちゃんがグルグルと動いてきました。と驚くこともあります。

お腹がゆるむので赤ちゃんは居心地が良くなり、動きやすくなります。

 

逆子や切迫早産のリスクを抑えるのにも、お腹をゆるめておくことは非常に有効であると施術をしていて感じています。

自宅でできるセルフケアの指導も欠かせません。

 

 

妊婦さんからの質問に答えたいと思います。

 

妊娠7ヵ月で、二人目妊娠中です。まだ上のお子さんが小さいため、腰を屈める姿勢をとることが多いためか?お腹の一部分がつっぱるように張り時々痛い時がある。しばらくすると治る」とのことでした。

 

ここで大事なのが、表面が痛いのか??それとも奥深くが痛いのか??

 

奥深くが痛いなら、病院でみてもらった方がいいです。

でも、表面が痛いのなら、靭帯に負担がかかり過ぎてしまった結果、お腹に痛みが出ている可能性があります。

子宮は大きな円靭帯といわれるもの、その他に左右でそれぞれ対になって、合計10個の靭帯が存在しています。

屈んだ姿勢を長くとっていると、

一部の靭帯に負担が極端にかかってしまい、痛みが出ることがあります。

 

改善策としては、
子宮に負担がかからないよう、腰を真下に降ろし低い姿勢になること大事です!

 

お腹が大きくなってくると身体を動かすこと自体が大変になってきます。

身体を上手に動かして、子宮に負担をかけないことが大切になります。

 

妊婦さんで気になることがある方は、ぜひご連絡下さい。

 

 

 

  東京・渋谷にある鍼灸整体治療院

 ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

二人目不妊で悩んでいる方の不妊鍼灸症例

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

二人目不妊

二人目不妊の方の共通点と食養生

妊娠中や産後に、

・髪や眉毛、まつ毛が抜けた

・白髪が増えた

・腰、膝に痛みを感じる

・虫歯になった

・シミが増えた

・尿もれが起きるようになった

・クマがなかなか取れない

 

などの症状を経験している方、多いと思います。

 

これらは老化現象のようですが、

漢方的にみると「腎虚」に当てはまります。

 

「腎虚」とは簡単にいうとエネルギー不足の状態です。

 

子どもを育み、出産すると、ママのエネルギーを子どもにあげてしまうので、「腎虚」の症状が出やすくなります。

 

そして、二人目不妊で治療院にいらっしゃっている方のほとんどが上記の症状を感じています。

 

二人目不妊の治療で大切なのが、妊娠、出産で消耗してしまった腎のエネルギーを回復させることです!

 

ひとりめの妊娠がスムーズだった場合、二人目で不妊になるなんて思いもよらないというご夫婦が多いかもしれません。しかし、一度出産を経験しているからこそ起きるトラブルをしっかり意識したいですね。

 

 

「腎虚」を回復させる食事についてお伝えします。

 

一般に漢方的な食養生では、

腎臓を強くする食べ物として次のようなものを推奨しています。

 

黒いもの、ねばるもの、クルミ、黒ごま、黒豆、黒きくらげ、ひじき、山芋、ナマコ、なめこ、オクラ、そら豆、木の実、古代米

などの食品です。

 

逆に、糖質の過剰摂取は、『腎』を弱くします。

 

二人目不妊で悩まれている方、不妊治療中の方、上記の症状がひとつでも当てはまった方にも有効な食品なので、意識して食事にとり入れてみて下さい!

 

 

 

不妊鍼灸治療の症例

 

「先生陽性出ました」

 

目頭をあつくしながら報告してくれました、これまでの道のりがようやく実ったという思いがこみあげている様子でした。

 

今回報告頂いた患者さんは30代後半 

 

5歳のお子さんがいて、二人目不妊で悩むこと2年間、知人のご紹介でふくもと治療院にいらっしゃいました。

一人目を出産してから、抜け毛と白髪、そして腰痛の症状が出ていました。

 

「体質改善し、妊娠したい、でも最も今辛い症状は腰痛です」

 

施術を続けていくと、

腰の痛みをペインスケールで最初を10とすると、

6→4→2→1 と減っていき、腰痛はほとんど感じないレベルに。

 

ふくもと治療院での施術開始から4ヶ月目で自然妊娠で陽性反応が出ました。

 

私自身この瞬間も非常に嬉しいのですが、出産まではやはり気が抜けません。

 

陽性反応が出た後も、胎嚢確認、心拍、安定期と言われる16週、そして出産、産後ケア。

とその方のカラダのことを考えるので、

先手先手で何をすべきか、何が必要かを見定めながら今後も施術して行きます。

 

働きながら又は育児をしながら出産される人がほとんどなので、妊娠中のトラブルが出ないようなカラダに整えていくということが必要になります。

 

人のカラダは正しく刺激を送るとしっかり反応してくれる。

自身の経験でもはっきり言えます。

 

今後も不妊や二人目不妊、不育症に悩む方を鍼灸と整体でサポートしていきます。

不妊症・不育症でお困りの方はご相談下さい。

 

 

 

 

  東京渋谷にある鍼灸整体治療院

 ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・渋谷にある逆子にお灸治療もする鍼灸治療院が教える【妊娠中の方で赤ちゃんが逆子と言われた方必見!逆子のツボ】逆子をお灸で治すツボとは?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

逆子治療にはお灸が効果あり

逆子治療にお灸が効果あり

骨盤位(逆子)とは?

逆子とは妊娠中に胎児(赤ちゃん)が骨盤位といって胎児のおしりがママの骨盤にある状態を指します。通常は赤ちゃんの頭がママの骨盤にある状態です。その状態で37週を迎えてしまうと帝王切開になります。病院では逆子体操をして下さいと指示されているかもしれませんが、やってみてもあまり効果がない場合は、なるべく早めに鍼灸院へ行ってお灸逆子治療と並行すると良いと思います。もちろん逆子体操で治ることもありますが、鍼灸院に来院される逆子の患者さんは比較的何をやっても変化がないママがほとんどです。逆子の通常分娩は、分娩リスクが高まるので現在はほとんど行われていないようです。30週以内であればほとんど逆子はお灸治療でひっくり返ると思います。(※へその緒が首に巻き付いているケースは難しいです)

逆子にお灸?お灸とは一体なにか

お灸の原料はヨモギです。ヨモギを乾燥させて、精製してもぐさになります。1500年前からお灸は治療道具として使われています。お灸はせんねん灸が有名で、自宅でセルフケアをするお灸女子など一時期話題となりました。

逆子にお灸をするとどのような効果があるのか?

お灸の逆子治療の具体的な機序は未だに明らかになっていませんが、お灸治療の夜はすごく動く、お灸しだすと動くなどおっしゃる妊婦さん沢山います。お灸をすると何かしらの影響で、張っていたお腹が緩んだり、赤ちゃんが動き出す効果があるのだと思われます。

逆子をお灸で治すツボは?

至陰(しいん)足の小指の爪の外側の際にあります。別名では、逆子のツボとも言われ、逆子のお灸治療では超メジャーなツボです。

逆子、逆子治療、逆子のツボ、

逆子治療、逆子のツボ(至陰にお灸)

全日本鍼灸学会のお灸で骨盤位(逆子)が治るという学術論文をご紹介

東京女子医科大学のお灸の刺激に対する骨盤位(逆子)の論文も掲載されています。

お灸で逆子を治す論文はこちらをクリックしてお読み下さい。

逆子のお灸治療はどこで受けることが出来るのか?

お灸治療は鍼灸院で受けることができます。厚生労働省の管轄の国家資格であるはり師、きゅう師を持っている鍼灸師の先生であれば治療できます。お近くの鍼灸院に電話で予約する際は、逆子治療の経験の有無など聞いてみるといいかもしれません。

最近では病院で逆子にお灸が良いと言われて逆子治療の妊婦さんが来院されます

当院の患者さんも病院の助産師さんから逆子にはお灸がいいから逆子のときは早くお灸に行って下さい。と言われたようです。

35週の逆子がひっくり返り、産婦人科医の先生も驚き?

先日28週から逆子の患者さんが来院され、35週の検診のときに逆子がひっくり返っていました。産婦人科医の先生は、「28週から35週まで逆子の人がひっくり返ったのは初めてです。お灸?ですか。やはり、逆子にお灸も効果あるのですね。」と驚かれたのです。と嬉しそうに語ってくれました。コツコツとした積み重ねが信頼を得ます。ただし、35週になって逆子がひっくり返る確率は20週台の逆子と比べ逆子お灸治療の効果は下がります。

ではなぜ逆子になるのか?

逆子になりやすい妊婦さんの傾向としては、お腹が張りやすい方に多いと思います。最近は直前まで働く方も多いので、股関節が圧迫されたり、仕事のストレスからお腹が張りやすい傾向にあると思います。

東京・渋谷にある鍼灸整体ふくもと治療院では逆子治療はどのように行われるのか?

2日連続でお灸治療をします。できれば、健診日の前日、前々日に行います。基本的には2週に渡りこれを行います。経験上ほとんどがお灸治療4回以内でひっくり返るので、そのようにしています。

直近1ヶ月の実績は7人中7人逆子のお灸治療に成功。逆子には早めのお灸治療がオススメです

7人の逆子がひっくり返った週数ですが、29週、28週、30週、27週、31週、26週、35週の健診で逆子がひっくり返りました。

 

妊婦さんで出産に向けて頑張っているところ逆子と言われ、逆子体操をしながら焦っている方も多いと思います。 逆子体操をしてもなかなかひっくり返らない。逆子体操効果ない。これまでずっと逆子だった方はなるべく早めに取り組んだほうが良いと思います。逆子のお灸治療を受けに鍼灸院を探してみて下さい。30週以内ならひっくり返る確率がかなり高いです。 当院にも直近で7人ほど逆子の患者さんがいて、全員無事に逆子が治りました。4回以内の施術で6名は無事にひっくり返り、1名は28週から行い35週でようやくひっくり返りました。 お腹の張り、緊張を取り、股関節周囲を緩めることも同時に行います。

 

逆子になりやすい方の傾向は?

  • 長時間座っている
  • パソコンやスマホをよくみている
  • お腹が張りやすい
  • 股関節が突っ張りやすい 

 

 

ふくもと治療院

東京・渋谷駅徒歩5分鍼灸整体専門の治療院

東京都渋谷区桜丘町31-8渋谷ビレッジ南平台3F 

0364161819

受付時間10時〜20時

休診日  日曜・月曜・祝日

http://fukumoto-physio-tokyo.com/

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

【子宮が喜ぶ冷えとり講座のお知らせ】受講者追加募集決定!!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。当院にて2017年11月12日日曜日11時から13時。「子宮が喜ぶ冷えとり講座」を開催します。

1488253994183

続きを読む…

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ トップへ戻る

▲ トップへ戻る